暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

どうしても夏は私の気持ちを離さない、きっといつかなにかある

今日、2018年8月17日、ちょいと遅めの午前中に外に出て
あ、もう秋だ、と思いました。
大げさかもしれないけれど、でも昨日とは全然違ったから。
光の色と角度と眩しさが、もう夏じゃなかったの。

この夏は、東京の郊外の始まりみたいな我が家の近所の温度計ですら
7月のうちに37度とか38度とか、挙句の果てには39度という
見たことのない数字を叩き出し、
私に、いつかの未来の夏、この猛烈な暑さのせいで
私の身に大変なことが起こるのではないかと想像させた。

「これでも夏が好きなのかなあ」と私のことを思い出した、と言ったのは仲よしの友人。
「暑くてつらい」と言った私に「夏が好きだったんじゃないの?」と言ったのは母。
そして、「これでも夏が好きなのか?私は?」と思ったのはもちろん私です。

そろそろ夏が好きかどうか、怪しくなってきました。

と思っていたのは確かで、よく覚えているのですが
8月上旬を乗り切ったあと、最高気温が35度以下に落ち着いたあとは
それだってむかしに比べたら相当暑いはずなのに、喉元過ぎればなんとやらです。
やっぱり夏が好きみたいなのです。
空が青くて雲が白くて、
一年でいちばんいい季節は5月だと本気で思っているにもかかわらず
なにより私は夏の服が好きで好きで大好きで、
吹き渡る風のなか、その服を着て歩いたらもう、
やっぱり一年中夏でもいいなと思ってしまうのです。

そして今日、実は少し予感のあった数日前から、もう寂しくなっている。
もう明らかに盛夏ではなくて、これは残暑で、秋への第一歩。
光の色が違って、角度が違って、眩しさが全然違う。
夏が終わる。
あまりにも暑かったつらい夏。
いつか夏に殺されるかもしれないと初めて本気で思った夏。
今年も夏が終わる。
もうすぐだよ。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/238712125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2018-10-14 23:58 x
暦さん、こんばんは。

今更のコメントですが、今年の夏は本当に変でしたね。
僕は去年まで
「自分が死ぬまでに気温40℃はやって来るな」
と思っていたんだけど、それが今年あっさりやって来た。
こうなったらもちろん40℃で済むはずはなく、
42℃43℃となるのも目に見えている。
それはもう大変。
子供の頃の夏よりも10℃も高い。
あの頃は良かった・・・。

季節の移ろいは本当に素晴らしい。
やって来ては行ってしまうから心が震える。
願わくばこれからも、その瞬間に
動悸息切れ目眩と汗疹以外を感じたいものだ。
Commented by rekinokoyomi at 2018-10-30 13:49
こんにちは、元さん。

夏を懐かしく思うほど涼しい毎日。
秋ってなんて過ごしやすいんでしょう。
でもまだ時折、あさがおが咲いています。
さすがあさがお、秋の花。
いや、それにしても。
過保護にしているからでしょうか。

あんなに暑かった夏なのに、もう懐かしい。
早く春にならないかな。
(例に漏れず今年もこれを言う)
(でも本気)
by rekinokoyomi | 2018-08-18 01:44 | これは夏の話です | Trackback | Comments(2)