暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おばあちゃんにおんぶしてもらって

今日、横断歩道を
おばあちゃんらしき人が、孫の女の子をおんぶして渡っていた。
その少しうしろを歩きながら考えていたのは、
おばあちゃん転ばないかしら、大丈夫かしら、だった。

それで、このことを書こうと思ったよ。
幼稚園に行ってたくらいのころ、
家から徒歩5分のおばあちゃんちの玄関先で
おばあちゃんにおんぶしてもらっていたら
おばあちゃん転んじゃって、私、顔から落ちて、
ハナをしこたま打って、もんのすごい痛かった。

なんかその場には
おトーちゃんとおカーちゃんもいた気がするんだけど
どういう状況だったのかははっきりしない。
なんとなく薄暗かったような気がする。
夜だったのかなあ。
家族3人でおばあちゃんちで夕食食べて、
私だけ泊まるってことにでもなって、
玄関先でお見送りをしていたんだろうか?
私の記憶では、
おトーちゃんもおカーちゃんは少し離れたところに立っていて、
おばあちゃんが転んだ途端に駆け寄ってきたような。

この話、いままでほとんど誰にも話したことないと思うんだけど
年に何度かは思い出してるような気がする。
子どもの頃の、自分で覚えている印象的な出来事。
とにかくハナが痛くって。
っていうか、どうしてハナって打つとあんなに痛いんじゃろね。

(このおばあちゃんは、コチラとかコチラとかコチラに出てくる祖母です)
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/19813484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rekinokoyomi | 2014-05-20 00:30 | いつだったかのこと | Trackback | Comments(0)