暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

雨にホッとする

不安がり、というか心配性、というか、
なんとなく色んなことにドキドキしがちで
乗り物酔いとかするものだから、遠足も何度休んだことか。

とにかく一番の理由はバスが嫌で。
それに、なんとなく、毎日の学校とは違う遠足は数々の不安要素もあって緊張する。
あれこれ考えながら荷物を用意しているとよく、心がオモーくなったものだった。
そのオモーくなる理由が、自分でもよくわからなかった。
だってもちろんきちんと行った遠足もあって、行ってしまえば楽しくて
そのことを一応、毎回覚えてはいるから。

だから、遠足の前日は複雑な気分で、
明日が晴れてほしいような、延期・中止になってほしいような。
でも「晴れますように」と、てるてる坊主なんかを作って祈るのが
遠足のやり方であるから、そういうことをしてみたり、
かといって、朝起きて快晴だったりすると
ああ、、行かなくちゃいけないんだ、、と思って
目頭が熱くなるような、眉毛が下がるような感じで胸が苦しくなったりして
何回かに一回は休んでしまうという結果になっていた。

私の親はそういうところ、あんまり気にしないもので
割と気軽に休ませてしまったりだとか、そういうタイプ。
たぶん、なんとなく子どもの私の気持ちがわかったのであろう。
それで助かったとも言えるし、それで現在の私がこうなったとも言える。
でも、そうでなくてもどこか別のところがひずんだと思うので
そういう暁の、いまのひずみは悪い方じゃないような気がしないでもない。
というのは自己弁護で、
だってもうこうなっちまったもんはよお、みたいなところでもあるし、
こうなったのは自分の責任であると思うところもある。
すみません。

さてところが、休めば休むで、うれしくはあるがそれなりの罪悪感がある。
その点、天候不良で遠足が中止になると、
行かなくていい上にそれが自分一人ではないので気が楽だ。
何日も前から緊張していた気持ちがほぐれる瞬間。
なんとなくスポーティーな服装で雨のなか学校にお弁当を持って行って、
こちら(児童)も先生も半端な気持ちで午前中だけの授業をやって、
教室でわいわいとお弁当を食べて帰る。
なんか、一件落着的に楽しい。
はっきり言って、私にはこの程度で充分だった。

何日か前のいつだったか、明け方に雨の音を聞きながら思い出していた。
遠足の朝、起きて、雨が降っているとずいぶんホッとしたものだったなあ、と。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/18061223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 雨降りクマ at 2013-07-11 22:43 x
こんばんは、暦さん。

暑いです。
そして熱いです(頭とか)。
なんだかぼぉーっとしてしまいます。

雨が恋しいな・・・、しとしとふるところを見たいな・・・
などと思ってしまって、なんだか変です。

暦さんの幸福な雨の時間を読んで、そう思いました。

Commented by rekinokoyomi at 2013-07-12 01:30
こんばんは、雨降りクマさん。

雨降ったらいいなあって、私も少し思ってます。
だってあんまりにも暑いんだもの。
るてるて坊主、作りましょうか。

by rekinokoyomi | 2013-07-09 01:37 | いつだったかのこと | Trackback | Comments(2)