暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ぺしょーの思い出

小学一年生から三年生までの三年間、担任は大好きなU先生。
ここにも何度か先生は登場しているから、
「あの先生のことね?」と思ってくれる人もいるかなあ。

子どもの私から見たら、おばあさん先生。
コワモテで、実際怒ると怖いけど、本当はとっても優しい。
だから児童たちには大人気。
私は放課後に残って、遠足のしおりを作るお手伝いをしたりしてた。
教科書と資料しか入っていないはずの先生のキャビネットから、
電熱の湯沸かしポットが出てきて驚いた。
お茶をいれてもらって一緒に飲んだ。
唱歌とか童謡の入った、ポケットサイズの楽譜本をもらった。

先生は授業中にいろんな脱線話をしてくれた。
今日はそのうちの一つをご紹介。
あ、これは素敵な話じゃないですよ。

シャツ。
おろしたて、洗濯したてじゃなくて、既に何度も着ちゃったシャツ。
こういうシャツは、濡れてないのに、
着ると「ぺしょー」っと、ちょっと冷たい感じがするのよ。
って話。

なんでそんな話になったのか、なんでそんな話をしてくれたのか、
色々、全然わからないけど、そういうごく普通の
日常の生活で少しずつ知っていくようなことも
時折、先生は話してくれたので
特別なことじゃない分、いまでもちょくちょく思い出す。
シャツに「ぺしょー」を感じた時、
もしくは、このシャツ、「ぺしょー」とするんじゃないかしら?
とか用心して着た時、しっかりとではないけど
うっすらと先生の面影が浮かぶ。
それを妙な真面目さで「学習した」と感じた自分の気持ちもうっすら甦る。
先生はそんなことも話してくれたなあ、って思い出して、
もっといろんなこと思い出したいって思う。

それで、そのシャツは洗濯にまわす。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/17643834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rekinokoyomi | 2013-04-19 00:49 | いつだったかのこと | Trackback | Comments(0)