暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハプンと埋没の間

数週間前のことですが、
午前中の電車の中での出来事をレポートいたします。

その日はすべての席が埋まっていて、
つり革の70%くらいに人が掴まっているような乗車率。
私は立っていましたが、隣の駅で運よく目の前の席が空いたのでするりと座りました。

椅子取り合戦とまではいかないけれど、
駅でのひとしきりの交代劇が終わり電車が動き出したころ、
うろうろうろっと男の人がやってきました。
年の頃は40代半ば〜後半、眼鏡、
セーターにジーパン、大きなリュック、履き古したスニーカー。
客観的にはこんな感じです。
交代劇に参加できなかったことに対して、
そして私を含め座れた人たちに対して、恨めしそうな視線を投げたかと思うと、
突然、大きな声で言いました。

「ふざけんなよ!どいつもこいつも薄情だよな!
 自分さえよけりゃいいのかよ!まったく、目障りなんだよ!」

ええーっ。それって座れなかったことについて言ってンの??
それ言ってどうなるン??
もしかしてあんまり具合がよくないとか、そういうのかしら?
ならばその旨、聞いてみるってのもありなのかしら?こんなに大きな声で言ってるんだし。
でも、違うか。たぶんそうじゃないな。
仮にそうだとしても、もしも座りたいのであったら、それが人にものを頼む態度かッ!

などなど、思考が二転三転しまして、結局のところ周りの人々と同じく、私も静観の構え。
それに雰囲気があんまりよくなかったので、いくら大きな声で言われても怖くて答えられません。

彼は不機嫌な様子のまま離れたところへ移動していきました。
なんだかやはり少し驚いてしまって、耳の奥に残るいまの声を反復したりしてるうちに
私の降りるターミナル駅が近づいてきて、電車が減速しはじめました。
するとまた彼が車内の人をかき分けやってきて、扉の近くで捨て台詞。

「めっちゃ疲れたよ!ずっと立ちっぱなしでよー、メッチャ疲れたよ!」

アタシャー、笑いそうになりました。マスクしてたから少し笑ったかもしれません。
きっと私よりずっと前から乗ってたのねー。
でも、電車ではよくあるよ、そういうこと?
運が悪かったんじゃない?
それに、そんなに座りたかったのなら、もうちょっと、、
リサーチとか、、スタートダッシュとか、、勘とか、、、そういうものも必要なんじゃない?

なんて言葉はもちろん本人に言うわけでも言いたいわけでもないのですが
そしてこの出来事がかなり面白かったのは確かなのですが
最終的には、
世の中にはいろんな人がいるなあ。
という、至極当然な、日々頭に漂う世界に関する感想のなかに埋没していくのだと思います。
だから、埋没する前、まだ新鮮に面白く感じているうちに
家族や周りの人に話したり、ここでこうやってご披露です。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/17290821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rekinokoyomi | 2013-02-10 01:46 | 昨日とか今日のこと | Trackback | Comments(0)