暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ゴンちゃん

おとといくらいから、眉間とハナの頭のちょうど中間あたり、
ハナすじの途中に小さなキズがある。
なんだろ。
ちょっと引っ掻いたのかな。
鏡を見ると、目がいくよ。

それを見ていたら、ゴンちゃんのことを思い出した。
ゴンちゃんは白いアイヌ犬で、
私が生まれる前からおばあちゃんち(ハハの実家)で飼われていた犬。
本名は、ゴン太。

アイヌ犬というと、少しムクムクした毛の感じを想像する人もいるかと思うけれど
ゴンちゃんの毛はするっとして、わりとスマートだった。
それなりに大きくて、勇ましい雰囲気もしないでもなく、
うちのチチには歯を剥き出して唸ったり吠えたりしてたけど(髭と眼鏡のせい?)
実際のところは結構弱虫というか、気が弱くて甘えン坊で
おばあちゃんちのお手伝いさんのことが大大大好き。
そして、私に対しては滅法優しかった。

なにしろ、私はあとからやってきた赤ン坊だったわけだから
子分みたいに思ってたんじゃあなかろうか?
普通、犬は小さな子どもがあまり好きではないけれど
ゴンちゃんは私がたくさん撫でたりしても
ちっとも嫌がらず、相手をしてくれていたな。

それで、とにかく私はゴンちゃんが好きで、
おばあちゃんち(徒歩5分)に行く最大の楽しみはゴンちゃんに会うこと。
スペシャルごはんを作ってあげたり(これについてはまたいつか)
私の犬好きは、きっと彼との出会いによるものなんだろうな、と思う。

さて、このゴンちゃん、お勝手口の外(台所の裏)で暮らしていたんだけど
一度その場所に野良猫が入ってきて、ケンカになったらしい。
次に会ったら、ハナの頭の上に小さな引っ掻き傷がついていてね。
なんだか眉毛下がっちゃったような、というか
なんともいえない情けない顔をしていたように見えたな。

その時に、「猫は狡いからね、目を狙うのよ」
と言ったのはおばあちゃんだったか、お手伝いさんだったか。
動物ってそんなことがわかるんだーと初めて知った。
私、別に猫も好きだし、かわいいとかも思うけど
でもそれ以来、そのセリフはしっかりと頭に残っていて
今でも猫には多少、その印象を持っている。

ところで「アイヌ犬」は、いまは「北海道犬」と呼ぶのが
普通みたいなんだけど、私の中でのゴンちゃんは
あくまでアイヌ犬なので、そのままで。

ではついでに、もう一つ、ゴンちゃんのかわいいエピソードを。
ある日、お手伝いさんがお勝手の裏を見たらゴンちゃんがいない!
どうやら裏口の扉が開いてしまったみたいで、
ゴンちゃんは外へ出て行ってしまいました。

近所を探したけど見つからなくて、車に轢かれやしないかとか
けっこう心配していたのだけれど
ちゃんと鑑札を付けていたのが役に立ち、
確か翌日に、警察だったか保健所だったかから電話がきた。
それをお迎えに行ったのは、ゴンちゃんの大好きなお手伝いさん。

迎えに行ったら、ワオワオ、と喜び(私見てないけど)抱きついてきたそうな。
それで、なんか甘えちゃって甘えちゃって大変で、
仕方なく抱えて帰ってきたそうな。

時々いるでしょ、絶対に抱っこしてもらえる大きさじゃないのに
抱っこしてもらっちゃってる犬。
そんな感じ。

ああ、なんか、ゴンちゃんに会いたくなっちゃったなあ。
私が小学生の時に死んじゃったんだけど。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/15380609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cayo-giraffe at 2012-05-26 18:36 x
ゴンちゃん
その名前を聞いて思い出したのが、実家の近くで飼われていたグレート・ピレニーズ。
同級生の双子の男のコの家で、五月女くんという大きい双子だったのだけど。
グレート・ピレニーズもまた大きい犬で、私は背中に乗って遊んだりしてたのでした。
ゴンちゃん
その名前で浮かんだのだけど、うーん。。。
そのグレートピレニーズ君の名前が思い出せない。
洋犬なのに、ゲンゴロウだかゴンノスケだか、相当日本らしい名前を付けられていました。
ゴンがつくから思い出したのかなぁ。
Commented by rekinokoyomi at 2012-05-26 22:36
cayoさん、こんばんは。

私が子どもの頃はピレネー犬と言っていたなあ。
いまはグレート・ピレニーズっていうのかあ。
ピレネー山脈の辺りに住んでいるんだよね?

その子の名はゴンちゃんではなく、
そしてなんだったかもわからず、、

なぜ思い出したのかわからない思い出話だけど
犬の背中に乗って遊んだなんて、
毎日思い出したいような思い出話をありがとう。
私にはそんな思い出はないので思い出すことのない、憧れの思い出。
うらやましい。
(簡単なことを面倒くさく言ってみている)

でも、確かにいる。
洋犬なのに、日本男児みたいな名前の犬。
それはまあ、いいとしたとして、
しかも実はメスだったりして、
女の子なのに日本男児。切なさ3倍増し。
by rekinokoyomi | 2012-05-23 01:36 | いつだったかのこと | Trackback | Comments(2)