暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

感謝の心を忘れずにまた食べる

昨日、お昼にアジの開きを焼いて食べた。
細かな骨や、骨ではないけど身ではない堅い部分が多くて
意外や大雑把な私は(自分では未だに意外)、
そのへんもある程度、バリバリ、と食していた。
そしたら、ひゃー、骨ではないけど身ではない堅い部分の
薄いところが歯と歯の間に、タテにシュッ!と入ってしまった。
下の歯の、左の方の、前から4番目と5番目の間あたり、、
これが、もう、すごくちょうどはまり込んでしまった感じで、とれない。
ちょうど歯の幅で隠れてしまっているみたいで、鏡で見ても見えない。
痛いわけじゃないんだけど、歯が、ぎゅうぎゅうとキツイ感じ。
むー、、気になる。

でもそのまま延々とれなくて、そのままリハーサルに出掛けて、
そのまま歌って、そのまま帰って来た。
そして珍しく、そのことを誰にも告げなかった。

帰って来て、遅い夕食をとって、テーブルの上を片付けている途中で
小さなゴミがあったからつまみあげ、なんか魚のうろこみたいな感じに透明な、、
ト思ったら、きゃっ、それが左手の親指のハラに刺さった!
それはうろこではないけど魚の一部で、
鋭くトゲのように尖った部分のある、5mmほどの大きさのものだった。
そいつが、刺さったら刺さったっきり、ピーンと指に直角に立っている。
プッと抜いたら、赤い点がぷくーとなって、血が出てきた。
いやーん、イターイ。

歯にはさまったままの堅い部分、そしてこの尖った部分。
なんか恨まれてる。
私がなにをしたというの?
あ、私、このアジ食べたんだった。
文句言える立場じゃなかった。
そういう気概のあるアジだったのかなあ。
こいつの(美味しい)身にふりかかった不幸に比べたら
こんなの大したことではないなあ。
などなど。

そこで今一度の感謝。
今日のお昼ごはん、美味しかったです。
ありがとうございました。

そのあと寝る前に歯を磨いて、よーくよーく磨いて、
とれた!という意識はなかったけど
磨き終わったら歯のキツさがなくなっていたからとれたみたい。

一日中、アジのことを考えるような日でした。
そして私、魚の中では、1、2を争うほどにアジが好き。
また食べます。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/14560138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rekinokoyomi | 2012-01-31 00:50 | 昨日とか今日のこと | Trackback | Comments(0)