暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

オメメキラキラシャンデリア

江戸東京博物館で9月からやっていた「ヴェネツィア展」が
この週末で終わってしまうことに気付いて、ヤーッ!と駆け込みました。

三ヶ月もやってると、一旦はその存在を忘れてしまったりする。
今回もそうで、でも最後の数週間に、何度かポスターを見たので
それを見ているうちに「やっぱり観に行きたいなー」の気持ちが盛り上がり、
ハッと気付けば日曜で終わり。急げや急げ。となったわけ。
なかなかの混みようで、でも覚悟していたほどめちゃくちゃってわけでもなく、
「臨場感」という言葉で片付けられる程度だったかな。

ささっと通過するところあり、じっくり観るところあり、で順路を進む。
15〜18世紀のものが大小、全部で158点。
19世紀のものも少々(こうなってくると、19世紀なんて
ついこないだじゃん、という気持ちになるね)。
全体的に、絵画は世界の名画と比べて、まぁそこそこな印象だったんだけど
(もちろん、これ好き、というものはあるけれど)、
食器や家具など、工芸品は美しかった。
力強い木彫りの彫刻や、細工の細かな香炉や、繊細な刺繍の手袋や。
絵も、工芸品(例えばお皿、例えば箱)に描かれているものはかなり素敵で、
それはちょっと不思議。

さて、そんな風に進んでいくと、ちょうど順路の真ん中あたりに、
大きなシャンデリアがさがっていました。
最初は「大きなのがあるなあ」と思っただけで、
あまり気にもかけておらず、壁にかかった絵を観ていたのだけれど、
さて、と近づいてみたら、これが、とんでもなく美しい。
ムラーノガラス(ヴェネツィアン・グラス)でした。

私、なんというか、あんぐりと口を開けて観ていた(ような気がする)。
ぼわー。ぽわー。
透明を基本にして、そこに赤い部分と青い部分があって、
そこに、薔薇の花がついている。
薔薇の花は、私の手の上に丁度ぴったりおさまるくらいの大きさで、
咲いているものもあれば、つぼみもある。咲きかけのつぼみもある。
色はランダム。
赤、青、黄、緑、ピンク、白、の単色だったり、2色のコンビだったり。
もう、私にとっては夢のように美しい。
あまりに美しくて、観てたらオメメがキラキラしてきそうな気分だったよ。
それってどんな気分?
うーん、あんまり使ったことのない言葉だけど、「目の保養」が近いかなあ。

横に立っていた、美術の勉強してそうな、ちょっとお洒落な男の子が
「これは綺麗だ、、綺麗だー、、、うわー、綺麗だ、、」と
繰り返していたのが印象的だった。

それで、帰ってきてから少し調べたけど
同じようなデザインのシャンデリアはいまもあって、
でも何が違うのかなーと考えてみたら、まず思い浮かんだのは
当時はろうそくを立てて、長い棒か何かで火をつけていたであろうけれど
いまは電球、配線がされていて、スイッチパチッ、というところ。
ちょっと感じが違うよね。

そんな今日、
以前、ロンドンのお店で小さなシャンデリアを売っていて
あまりのかわいらしさに目がハートになったことを思い出した。
ガラス細工の果物がたくさんついた、カラフルだけどシックなものだった。
もちろんそんなもの買ってもどーにもならないので一瞬の出会いと別れ。
最近、それにちょっと似た、プラスティックのちゃちな電気スタンドを見て、
一瞬の出会いと別れを一瞬思い出したことを、今また、思い出してる。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/14150126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三郎猫 at 2011-12-12 01:36 x
こんばんは 暦さん。

シャンデリアって綺麗ですよね。
売ってたりしたら欲しくなります。

昔、シャンデリアが売ってるのを見たことがありまして。
これはプレゼントにしたら喜んでもらえるかな思ったんですよ。
でもいろいろ考えて、結局贈りませんでした。
趣味じゃないと言われても大変だし、何より高かった!

あの時贈っていたら、目をキラキラさせて喜んでくれただろうか、
それとも贈ることに興奮した僕が、目をキラキラさせていただけだった
だろうか・・・。
Commented by rekinokoyomi at 2011-12-14 02:12
こんばんは、三郎猫さん。
どうやら共感していただいている気がします。うれしい。

いらないのにほしいもの、というジャンルがあって
シャンデリアとかってそのジャンルの主みたいなものです。
趣味にピッタリの、うつくしーシャンデリアを贈られたら、
もうほんと、オメメキラキラですよ!
でも、趣味ってほんとにわからないから。むずかしいから。
でもでも、贈ってみてほしかったなあ。
二人ともキラキラするかもしれないものね!
by rekinokoyomi | 2011-12-11 02:17 | 昨日とか今日のこと | Trackback | Comments(2)