暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

口ずさむ

我がホームタウン駅の近くにある
喫茶店(いや、スナックかしら?)の看板には
お店の名前と電話番号が書いてあって、
その電話番号が素晴らしくて、いつも見とれている。

それは、二つの数字、3と△があるこんな感じの番号。
03‐33△3‐3△33

語呂がいいから、私は毎日のように口の中でその音を反復してる。
既にもう飽きるほど反復したのだけれど、
「声に出して読みたい日本語」かと思うほど
「声に出してかけたい番号」である。
実は看板の色合いもかわいらしく、字体もしゃれているので、
町のなかのデザインとしても気に入っている。

そんなわけで、私としては常々、
うー、一度かけてみたい!という小さな欲望を胸に生きているのだが
お店の人が出たら何と言うつもりなのだろう。
「いい番号だなーと思って」と言ったらいたずら電話だと思われるだろうけれども
それが本当だし、それ以外に言うことないから、かけない。
ただ、やっぱりそこを通るとついつい看板に注目してついつい番号を口ずさむ。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/14074277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2011-11-27 00:58 x
こんばんは 暦さん。

この前、乗っていた電車が通過待ちで長く駅に止まっていたとき
隣の車両から男の子がやって来たんだ。歌 歌いながら。

「そーっとのぞいてみてごらん  そーっとのぞいてみてごらん」
 
男の子が大きな声で歌うもんでから
電車の中の人たちはちょっとびっくりしちゃってさ。
でもその子はおかまいなしに歌いながら隣の車両へ行っちゃってね。
僕の前に座っていた女性二人連れも”なんだろう”って顔をしてたんだ。
で、ほどなく電車が出発で ドアが閉まろうとしたとき
ホームから出発の音楽が聞こえて来たんだよ。
それが、『めだかの学校』でね。

女性二人連れは、その音楽を聞いた途端
「あ、そういうことだったんだー」
というようなことを話してたよ。

人は、お気に入りを歌ったり、お気に入りを口ずさんだりするんだね。
Commented by rekinokoyomi at 2011-11-27 14:08
元さん、こんにちは。

そんなに車両を移動しちゃって、しかも歌っちゃって、
その男の子は機嫌がよかったのかもね。
私もお気に入りを口ずさむのは機嫌のいいときです。

ああ、でもその看板はかわいらしくて、
ちょっと機嫌がよくする効果もあるから
どちらが先かはわからないけれど。
by rekinokoyomi | 2011-11-26 23:25 | Trackback | Comments(2)