暦の暦(れきのこよみ) rekikoyo.exblog.jp

歌手です お話するよ


by rekinokoyomi
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バレエ、書きなぐり、覚え書き

ピルエット・アンデダン。
以前もチラッと書いたけれど、片足で、軸足方向に回転すること。

右足を前方の少し左に大きく一歩出し、そこに踏み込む。
体重は膝を曲げた右足にしっかり乗せて、後ろの足(左足)は伸ばす。
これは準備。
そこから、左足を横に蹴り、
蹴った足を素早くに右足(軸足)にパッセする。
膝の位置を変えずに、足先を軸足につけるのです。
パッセをする時、軸足はルルベ(つま先立ち)に。
ポワント履いてるならば、もっと高く立ちます。

(パッセはイヤミさんのシェーに似てるやつだから
 みなさん、まずはそれを頭に思い浮かべて、
 その後、思い思いにみなさんの知っているバレエにスライドしていってください。
 そうそう、それです。そんな感じです。)

さて、すると、右足(軸足)ルルベで左足パッセするだけなのに
うまくいくと、それだけでくるーっとピルエットで回れる。

どんなタイプの回転であっても、
レッスン時にいつも注意を促されるのは「回ろうとしない」ということ。
正しい位置に立つ、一本の軸に立つ、1cmでも高く立つ、体を引き上げて立つ、
そういうことをすると、結果的に回れてしまったりする、ということ。
回ろうとして勢いみたいなものをつけると、体のバランスが悪くなり、
上半身がグラグラしたり力が入ったり、面倒なことがたくさん起こるのです。

だから、回るときも、回らずに立つ時と極力同じ感じに立って、
ほんの少し、ほんのすこーし、心持ちだけ回る気持ちを持つ。
場合によっては、片足で立つときに、踏み切る方の足で、
ほんの少し、ほんのすこーし、心持ちだけ意識してねじる力をかける。
(ところで、今更ですが、バレエの回転の話をしている場合に「立つ」と言えば、
 それはすなわち、片足で立つことをさします。)

今日は、ポワント履いてのピルエット・アンデダンで、
怖がりの私が、ポワントに立つことを怖がらず、
本当に、立つだけのつもりで、結果的に回った。
回るつもりになった時も、あまり余計な力が入ることがなく
すーっと回ったから、あー、この感じか、、と少しだけ納得。

日によって、怖いことと怖くないことがある。
怖いことが変ったりもする。
自分の中のバランスや体調が違うからなのか、不思議。

難しいことだらけ。の、覚え書き。
[PR]
トラックバックURL : https://rekikoyo.exblog.jp/tb/13925254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rekinokoyomi | 2011-11-02 01:53 | 思考の中のバレエ | Trackback | Comments(0)